忍者ブログ
VIP関係は分離移転しました
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今さらだけど振り返ってみようか。



9月5日。

諏訪湖では新作花火大会が開かれるようだ。
上諏訪駅に到着したらすでに人大杉でびびる。
名物の足湯も閉鎖されていて少し残念である。

とりあえず宿を探そうと思い駅前の観光案内所へ。
テントも持ってたし、キャンプ場があればなんとかなるだろうと考えていた。

甘かったね。



案内係 「宿? ねーよwwwwwwwww」



一泊20000円近くする高級なところか、5000円強の超安宿しか残ってないらしい。
この超安宿ってのは、普段は貧乏学生しか泊まらないようなひどい凄いところだとか。
いつもはもっと安く泊まれるようで、足元を見てる感がバリバリだった。

この時点で、宿に泊まるのはねーな、と。



さて、頼みの綱のキャンプ場である。
話を聞く限り、一番近いキャンプ場は隣町に行けばあるという。

しかし、岡谷と聞いて俺は少し不安になった。
上諏訪にキャンプ場がないのだから、岡谷の町にあるわけがない。



案内係 「山の上っすけどねwwwwwwww タクシーでも使ってくだしあwwwwwwww」



案の定これだ。

一人でタクシーを使うと馬鹿にならん金額になるのを知らんのかこの人は。
岡谷の町まで行ったあげく、さらに金を使うのは勘弁願いたい。

懐寂しい超貧乏学生には到底受け入れられない話である。



しかしながら、安全・快適に泊まるには、この二つのうちどちらかを選択せねばならない。

この時はまだ14時くらいであった。
まだまだ余裕はある。
俺は近場のコインランドリーで洗濯しながら決めることにした。



洗濯を終え、向かいにあった食堂で飯を食ったのち、俺はあることに気が付いた。

時刻はすでに16時を回っている。
今から岡谷のキャンプ場に向かうのはかなり厳しいのではないか。
だとすれば、例の超安宿に電話をして予約をせねばならない。

だがしかし俺は肝心の番号を知らなかった。
観光案内所へ行き確認を取らねばならない。



再度、駅前の案内所の世話になる。
案内係の話によれば、素泊まりなら安くなるかもしれないとのこと。

すでに17時近い。
素泊まりという一縷の望みに掛けながら、俺はすぐに電話をかけた。



宿 「素泊まりのやつはお断りしますwwwwww 今日は花火大会だっつーのwwwwwwww」



野宿フラグ立ちました。

花火大会当日の17時にもなって部屋が埋まってないとかwwwww
そんな宿なんかに誰が泊まってやるかwwwwwwwww

そんな風に思いながら丁重にお断りしてしまったのです。
やっちまったね、俺。



そんな訳で、ひたすら上諏訪の町を徘徊する作業が始まった。

花火会場から離れるために湖岸を南下し、すわっこランドにて風呂に入る。
リラックスルームとやらで1時間弱横になったおかげでだいぶ疲れが取れた。

21時過ぎにすわっこランドを出立し、再度上諏訪の町へ繰り出すことに。
2時間ほどかけて町内を一周し、見物客が一通りはけるのを待った。


23時過ぎ。
湖岸にかかる橋近くの公園が無人になってるのを見つける。
最初に通った時は花火の見物客がいたためスルーしていたところだ。
入り口の注意書きを見る限り、野宿は禁止されていないようである。

俺は早速ブルーシートを敷いた。
テントを張るのは流石にまずいと思い、本当にそのままゴロ寝をした。


ユスリカが群れていたのには閉口したが、その他は特に問題なかった。
寝袋も持っていたし、別段寒いということも無く快適に寝られた。

むしろ芝生が柔らかかったために、キャンプ場のテントよりも快適に寝られたくらいである。




翌朝はけたたましい鳥の声に起こされた。
どうやら寝ていた場所の真上の木が巣であったらしい。

時刻は5時。
糞を落とされてはたまらぬので、すぐに荷物を撤収した。


それからさらに9時間も上諏訪の街を徘徊することになるのは、また別のお話。





――と、こんなわけで
俺の初めての野宿体験は
グダグダな結果に終わったのでした………


なんつってな。


振り返ってみて思う。
一体俺は何をやっていたのかね。
5000円くらいなら出せただろうと。

リアルに通報されなくて本当に良かったよ。







そうそう。
諏訪観光をするにあたり、もっとも使えた地図はここの暫定版パンフでした。

主要な交差点の名前から、スーパーや温泉までもが網羅されているという使いやすい一枚。
地元の観光マップを押さえて堂々の1位とはただものではないですぞ。
(地元の地図が使えないってのもあるんだけど)


これで宿泊施設も記載されてたら最強になっていたに違いない。
完成版が出たら手にとってみようかしらん。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可
» 無題
俺の実家じゃねえか。
諏訪湖の周囲をうろつくヒツジおじさん見なかったか? ヒツジを引き連れているあやしいおっさん。
ヒツジを食って生活しているという噂だ。

野宿するくらいなら閉店後のマルミツの軒下か駅のベンチで寝りゃあ良かったのに。
駅のそば美味いし。
名無しな人 2009/09/17(Thu)03:13:16 編集
» 無題
残念ながら見てなす。
人出が多かったし、流石のヒツジおじさんも出歩くのは自重してたんジャマイカ。
つーかそんな人がいるなんて諏訪は平和なんだなー。いい街だ。

マルミツあたりで野宿できれば良かったんだけど、花火大会のせいで人大杉だったから寝れなかったのよ。
駅前にはポリスまでいたからあまり変なことできなかっただろうしね。


>駅のそば美味いし。

ちょっと待て、そういうのは早めに言ってくれないと困る。
ああいった蕎麦屋はまずいのが相場だと思ってたのに………
綿犬 2009/09/17(Thu)22:59:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/02 綿犬]
[06/30 名無しな人]
[09/03 綿犬]
[09/02 うんこ]
プロフィール
HN:
綿犬
性別:
男性
自己紹介:
ネットを徘徊したり
徹夜でゲームしたり

たまーに某所で変な活動してたりします。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 日記代わりに使うブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

PR